SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

ALL for ONE / ONE for ONE

〜みんなは俺の為に 俺は俺の為に〜
このブログは2006年〜2031年までの期間限定ブログです。

 Produced By MASARU HIGUCHI/Special Thanks by ROCK WORK ORANGE

<< 第二十五話 嫉妬 | main | 第二十七話 お問い合わせ >>
第二十六話 敵か味方か!?
0
    僕がリハビリで通ってる病院は、個人で経営している病院のわりには設備が充実している。

    正直大人気の病院である。

    ゆえに通院してる患者さんの数も多い。

    おばちゃんとおっさんだらけだ。


    僕はかなり若いジャンルに属している。

    大阪のおばちゃんは若い子をみたら話したがる習性があるようだ。


    おかげで、誰がどのような症状で通院しているか8割型知っている。


    でも

    正直

    おばちゃん

    うっとうしい・・・


    おばちゃんが話し掛けてきた時は

    断る理由がないので
    一応、話しはするが
    本当は

    心の中で









    もう放っといてくれんか!!!!




    と笑顔の裏で毎回思っている。




    おばちゃんはおばちゃん同士でもよく喋る。


    病院というより

    老人ホームか

    町内の憩いの場


    みたいな雰囲気が漂っている。







    リハビリを終えた帰りに近くのスーパーに買い物して帰る事がある。


    病院から50mぐらいしか離れていないので、そのおばちゃん達もよく現れる。



    おばちゃん達は病院で大概しゃべったはずなのにまた喋っていたりする。


    そんな所に遭遇すると9割声をかけられる。


    本当に


    もう


    放っておいてほしい





    おばちゃん達の縄張りをくぐり抜けやっとレジにならび一安心。







    『あっ こんにちは』









    『えっ!?』








    レジのおばちゃんも患者さんだった。

    いちいち俺の買ったものに対して

    『またこんなんばっかり買って』と・・・



    もうしばらくそのスーパーには行きません。


    だから


    僕をお茶を誘うのは


    やめてください。



    結構忙しいのです。




    つづく
    | The BEST of 〜超高速更新型ブログ マサルダー〜初期作品集 | 00:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    トラックバック機能は終了しました。