SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

ALL for ONE / ONE for ONE

〜みんなは俺の為に 俺は俺の為に〜
このブログは2006年〜2031年までの期間限定ブログです。

 Produced By MASARU HIGUCHI/Special Thanks by ROCK WORK ORANGE

<< 細木数子を斬ります | main | 超短編オムニバス >>
眠れねぇ…
0
    明日から頑張るぞ!宣言したのに更新すらしなかったTUUです。

    昨日は朝の5時半まで飲んでました。
     といっても量はさほどで、話ばっかりしてました。

    そんな事する前にさっさと更新しろとか言わないで。
     毎日がちょっとツライのハート


    い、イカンイカン女言葉になっとる。


    なんて言ってたらお腹空いて来た。
     何かあったかなー…



    しばしお待ちを…






      調理中…








     できたぁ〜!

           夜食でございます。

    冷蔵庫にあったスモークサーモンと余っていた野菜で作りました。

     上に載ってるのはケッパーだよ。
    やっぱスモークサーモンにはこれが無いとね♪
     ドレッシングは何にしよおかなぁ〜♪

     ここはイタリアンドレッシングだな!

    イタリアンドレッシングだとマリネ風になるからなぁ。
     トマトジュースと頂きます。
    (野菜好き、けっして歳だからでは無い!)




     頂きまーす。

     (もぐもぐ)

    うんうん、中々。

     (もぐもぐ)

    僕は一人暮らしが長いから結構自炊したりするんだよね。
     最近は面倒くさいから外食が多いけど…

     (もぐもぐ)

    以前付き合ってた人なんだけど、僕の家に来た時は僕が料理してた。
    付き合ってた期間も短かったっていゆうのも在るかもしんないけど、結局彼女の手料理を一度も食べる事が無かった…(ノД`;) 

     (もぐもぐ)
     
    やっぱ男たるもの、一度は彼女の手料理食ってみたい…

    いやいや、今迄一度も無いって訳ではないですよ。
     前に付き合っていた人に限りな訳で…

     (もぐもぐ)


    そういえばその人と付き合いだしたのって確か新年迎えてスグだったような…

     (もぐもぐ)

    懐かしいねぇ〜。


    ホント、きっかけは何でも無い事だった。


     久しぶりに逢ってよく連絡する様になって、気がついたら僕はその人の事がとても気になる様になってたんだ。

    毎日の様にメールしたり、電話したりして、12月頃には二人だけで逢う様になってた。



     正月休みも二人で出かけたりなんかしてさ。



    その日は

     次の日から仕事が始まるから暫く逢えなくなるね。

    なんて二人で話しながら正月休み最後の日に二人で食事に出かけたんだ。



     二人で食事した後、
    まだ時間在るからって神戸方面にドライブでもしない?
    って君が言うから僕も
    そうだね。
    って答えて車を走らせたんだ。
     
    もちろん僕は彼女と少しでも一緒に居たくて…



    海沿いの道を走ってると明○大橋のイルミネーションが見えて来て


      綺麗だね。


    って二人で話ながらイルミネーションがよく見える静かな所で
     車を停めて
    明○大橋の夜景を見てたんだよね。


    寒く無い様にって、僕は近くに在った自動販売機で缶コーヒーを買って君に手渡した。



      ありがとう。



    そう言った彼女の笑顔がとても素敵だった事を覚えている。
    それからは色んな話をした。
    仕事の事、友達の事、家の事、恋愛の事。
    君は楽しそうに話してくれて、僕はそんな彼女を見てる事が楽しくて 





    いくら車の中とはいえ、やっぱり冬だから寒い訳で…
    二人でホットコーヒー飲みながら手を繋いで寄り添ってたんだ。


    僕は信じられないくらい心臓がドキドキしていて、とてもじゃないけど彼女の方を見る事が出なかった。
     君はどう思っているんだろう、僕の事を。
    頭ん中じゃそればっかり考えてた。



    けれど僕は明日からまた仕事な訳で、
     二人で過ごす時間にも限りが在る訳で…

     仕事が始まっても逢えなくなるってほど遠距離ではなかったけど、彼女の方は土曜日も仕事が在り逢う時間が限られてくる。



    僕達は付き合ってるって訳じゃないし、彼女がこれからも僕と逢う事を優先してくれるとは限らない。
    少なくとも嫌われている訳じゃ無いから、逢ってくれないなんて事は無いと思う。



    けど凄く不安でこれからも君とずっと一緒にすごしたくて、
     君のそばに居たくてたまらなかったんだ。



    その時改めて思ったんだ
     あぁ、好きなんだって事を。

    僕の横で楽しそうに笑う君が好きなんだって。






     なに?どうしたの?



    いつのまにか君を見つめていた僕を不思議そうに覗き込む君との距離は30センチと離れてなくて


    僕は自分の中の沸き起る気持ちが抑えられなくて、
     繋いでいた手の温もりを感じながら今のこの気持ちを知ってもらいたくて、 君がどれだけ僕の中で大きな存在になっているのかを知ってもらいたくて
     僕はこの気持ちを伝えようと思ったんだ。

    僕の変化を感じ取り一瞬とまどった表情をみせたけど、すぐにまたいつもの笑顔で僕を見つめ返してくれた。


    その時の僕はホントに心臓がバクバクして、小心者の僕は何だか逃げ出したい様なそんな気持ちだった。


    君は視線を外し僕の肩にそっと頭を預け、握っている手をやさしく握り返してくれた。

    その時自分でも信じられ無い位に素直に声に出せたんだ…
       君への気持ちが、
        君の事が





















          あっ!

















    サラダなくなっちった、テヘ。
     ごちそうさま〜♪




    ちょっと夜食にしてはカロリーが高いかな?
     量も思ったよりあった。

    おいしかったけど、スライスオニオンが欲しいなやっぱり…
     何か味的に物足りないや…


    まあ、いっか。
     あしたはカレーを食べよう〜と。

    明日もお休みだし!
    きゃー!
    TUUうれすぃー!
    さあ、夜ももう遅いしねるぞ〜!
     おやすみ!





    つづく



    | Best of TUU's log | 04:53 | comments(2) | - | - | - |
    ぁぁ、なんだか切ないですねぇ。青春やわ〜と思います。
    んまぁ、こっちが心臓バクバクの時は、大抵あちらの方もバクバクしてはりますわ。最近そんな事もなくなってきたばぐん夫婦ですが、未だ夫の寝顔に「どき♪」としている、意外に純な妻なのでした^^;
    | ばぐんの妻 | 2007/01/08 6:46 AM |

    うわぁ〜。
    気になるところで切ってくれましたね?
    サーモン食べたいです。
    料理ができる男性ってステキですよね☆
    | 山口みさ | 2007/01/08 11:53 AM |