SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

ALL for ONE / ONE for ONE

〜みんなは俺の為に 俺は俺の為に〜
このブログは2006年〜2031年までの期間限定ブログです。

 Produced By MASARU HIGUCHI/Special Thanks by ROCK WORK ORANGE

<< 同じ悩みを持つ後輩 | main | 第4回 まさる会 >>
男の魅力(It's a ダンディズム!?)パート3
0
    寝る前に女の子に告白された時の対応を
     布団の中でシュミレートしてるTUUです。




    くっすんと上司の姿を見て思い出したマサルダーからの電話…


    それは僕に一緒にスノーボードに来てほしいというモノだった。




    マサルダーは僕に


    「俺の嫁さんと一緒に滑ってほしいんよ。」

    「いいけど、子供は?」

    「子供は俺が面倒みてる。」

    「勝ちゃんは滑らへんの?」

    「俺こんな体やん、病院に検診行った時に医者に聞いたんよ
      スノボやってエエかって
     そしたら医者にさ
     『そんな体で滑ったら今度は別の場所、骨折するな』
     って言われたんよ、ハハハ…」


    「いやいや、笑いごっちゃねーし。」

    「せやからさ、TUUさえよければウチの嫁さんと滑ってあげて欲しいのよ。」

    「うん、わかった…」

    「いやさ、俺仕事とか、子供の事とかで去年も連れて行って
      あげられへんかったんよ。
     それにウチの嫁さん凄いスノボ上手いんよ。
     TUUって上手いの?」


    「いや、上手いかどうかは判らんけど、まぁ初心者の様な滑りでは無いです。」

    「そうなんや、ほんなら安心やな。
     ウチの嫁さんホンマに上手いんよ。
     多分、見たらビックリすんで。
     俺が一緒にすっべてあげれたら一番エエんやろうけど、
     子供もおるし、こんな体やから…」

    「僕が奥さんと滑ってる間、勝ちゃんはどうすんの?」

    「子供とKIDSゲレンデでソリして遊んでる、
     別に君に子供の面倒見ろとは言わへんから。」

    「いや、子供好きやからそれはソレでかまへんけど…
     勝ちゃん自身はソレでエエの?」


    「前の仕事覚えてる?」

    「あぁ、リフォーム関係の仕事?」

    「そうそう、あれさ
     金は良かったんよ、けどな拘束時間が長くてさ子供の事
     任せっきりになってまうんよ。
     嫁さんの負担が凄いデカなってまうから俺は転職してん。」


    「ふ〜ん、そうなんや…。」

    「そんで今年俺こんなんやん、
     去年も連れて行ってあげられへんかったし、
     せやから今年は嫁さんにスノボさせてあげたいんよ、どうしても。
     協力してくれへんかな?
     お願いするわ。」


    「そう言う事なら別に、
     断る理由もないし。」


    「ホンマ。
     ありがとう。
     嫁さん喜ばしてあげたいんよ。
     恩に着るわ。
     嫁さんの仕事の予定とか確認して、行ける日決まったらまた連絡するわ。
     それじゃ。」

    「うん、わかりました。
     待ってます。」




    僕と電話で奥さんの事を話すマサルダーは
     こっちが照れるくらい嬉しそうで
    奥さんのスノボが上手い事を
     まるで自分の事の様に自慢していました。




    あの時の勝ちゃんは旦那ではなく
     結婚以前の
    素敵な彼女だけを大切に想っている
     彼氏
    そのものでした。






      自分ではない、それぞの大切な人



    その人の事で心を痛めたり
    その人の身を心から心配したり
    自分の事でも無いのに頭を下げれたり
    その辛さを経験し、辛さを理解出来きたり
    その人の為に尽くせたり
    その人の事を話すだけで自然と明るい笑い声になれたり
    何よりもその人の幸せを願い最優先出来る





    そんな風に想い尽くせる存在が
      傍に居る
       傍にいてあげられる




    そんな人達は同じ男の僕が見ても
     カッコイイと思う。

    お互いに
     支え合い、
      背負い、背負われ
       大切に想い心通わせた者だけが
          見せる表情。







    今の僕には出来ない、男の顔。

     いつか僕もそんな表情になる日が来るのだろうか
     
      その表情を本気で羨ましく思った



      そんな出来事でした。




    つづく


    | Best of TUU's log | 00:41 | comments(5) | - | - | - |
    うーん、ちょっとコメント考えちゃった。当たり前やん、とも思いますし、大事な事なんやなーとも思います。こればっかりは、男と女の立場が違うから難しいねぇ。
    小さい話ですが、一人でご飯食べる時は超手抜き料理ですが、夫と食べる時はちゃんとご飯作ってる。人の為なら頑張れちゃうんですよね。



    | ばぐんの妻 | 2007/01/30 6:39 AM |

    時々、拝見させてもらってますが、今回のダンディズムシリーズは中々面白かったですよ!
    | 後輩 | 2007/01/30 3:31 PM |

    マサルダーさんステキです。
    私もマサルダーさんみたいなステキな方を
    見つけたいと思います。
    | 山口みさ | 2007/01/30 10:43 PM |

    コメントありがとうございます。
     今回は初の続き物に挑戦してみました。
    ばぐんの妻様、当たり前と書いていらっしゃいますが一人暮らしの僕にとっては、結婚されている方の日常が僕にとっての、非日常なんで今回書いてみました。
     後輩…なっしーか?
    東京で頑張ってるか?
    たまには連絡してこいよ〜。
    山口みさ様へ
    …人生の選択肢という物は意外とフツーに在ったりします。
    どうかこのログを読んでしまったが為に選択肢を間違う事の無き様お願いします。
    | TUU | 2007/01/31 10:34 PM |

    風の噂で俺様の事を『ステキ』とおっしゃった、物好きがいると聞いてやって来ました。
    ホントねぇ〜俺様レベルで『ステキ』と言ったらね〜ダメだよ。嫁さんの上司複数に『説教したるから、来い!!』と言われるぐらい破天荒な生活してますから...。基本的に家事は洗濯物を部屋に取り込む、茶碗を水につける、子供とアンパンマンごっこして常に俺がアンパンマンになる...しかしません。これで『ステキ』か?
    | マサルダー | 2007/01/31 10:53 PM |